FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪山3
本日も行ってまいりました

昨日は10時始まりのスクールの時間にあわせたので
ゆっくりの出発でしたが、今日は8時過ぎには
到着しました

20170305210846257.jpg
整地?仕立て。

昨日の様子を話すと
だんなくん「よし!リフトに乗って上に行こう」

え?早くない?
昨日、スクールで2時間ばかし教えてもらっただけ
まだ二日目・・・

tan「行く!行く!」
pon「・・・」

え~~?大丈夫かいな・・・

リフト券買って乗ったはいいけど

tan「行っていい?」
いきなり滑り降りようとする、オサル(笑)
だんなくんがついて行きました

pon 少しずつ滑り出した
あぁ上手にすべってるわね。
大丈夫かな?
私もついて滑り出した。

けど、傾斜がきつくなったとこで怖くなったみたい。

私は少し下に降りた場所で待ってました。
「ゆっくり、ゆっくりで大丈夫〜。」
pon動けない。

困ったなぁ、どうしよう。

ponとtanはスキーで私たちはスノボ。
少し悩んでたら、どうやら涙が出だしたもよう。
近くで待ってただんなくんに伝えると、板を置いて戻って行きました。

親子ともスキーだったら、はさんだ形?で一緒におりて
これたんだろうけど。
それでも後ろからささえて、滑らそうとしてるだんなくん。
いやぁ、あかんわ。

「板外して歩いておりておいで〜〜!!」
めっちゃ叫んだ。
ちゅうか、だんなくん。
思い付けよ、とかも思ったり。(笑)

板は私が持ち、ponをだんなくんがおんぶして降りようとすると
ponは「自分で歩いておりる」

すでに持ってたので、板はそのまま私が持ってすべりおりました。
手でバランスとれなくって怖かったわ。

そのあとponはキッズウェイというファミリーゲレンデで上れる
とこにいく、と。
じゃぁまずはキッズウェイ乗る練習。

ってしてると「行ってきていい?」tan

だんなくんとさっさと行ってしまいました。
怖いもの知らずやなぁ。

そして以外に早く下りてきた。
で、またリフトへ。

次に降りてきたときは、だんなくんが変わってくれと。
トイレに行くって言ってたけど、すでに疲れてた?(笑)

私とtan2人でリフトへ。
20170305211144009.jpg
「写真、撮るなよぉ」って最近えらそうなtanですが、
喜んで映っておりました。リフトの上。

え〜、ちなみに私はトレーナー。
あ、パーカーです。
1回上がって降りてきただけで暑くて即スキーウエアは脱ぎました。
pon事件もあって暑かったのもあるけど、今日は13度くらいに
なってたようです。

またまた日焼けしそう、とフード被ったまま今日も怪しい人でした。
ニット帽かぶってたけど、首から頰にかけてのあたりが
焼けそうなんやもん。

今日は私のタブレットが7インチなのを後悔しましたわ。
ポケットに入らない。
タブレット持つためだけに、リュック背負っておりました。

下りてくると、ponがすべってるファミリーゲレンデの方に
立ち寄る。あれ?だんなくんおらへんやん。
車が近くに止められたもんで、おやつタイムしとった。
もう、pon見ててあげてよ。

ファミリーゲレンデでも緩い方ときつい方があったので
どっちも行けるようにね、てponに声をかけると「うん」て
笑顔になってたので一安心。
スキー嫌や、なんて言われたらどうしよう?思ってました。

tanは「はよいこ、早く行こう」ばっかり。
そしてこれまた早いんですよ。滑り降りるの。
ちょいムキになりましたわ。(笑)

まぁ久しぶり、何年ぶり ?て感じやったけど滑れるもんなぁ。

tanと2人やったら上がって、下りて、上がって、下りて。
もうこっちが疲れましたよ。

途中、だんなくんと交代。

pon上手に滑れるようになってました。
だんなくんも「滑れるんやけどなぁ。あとは勇気だけやなぁ」

ターンはponの方が上手ですよ。
tanは勢い。あれはヘルメット被しといた方がよさそう。

11時くらい?
車に戻って、お昼ご飯。
20170305224548116.jpg
後ろのごちゃごちゃは気にしないで。(笑)
コレでお湯沸かしたい、と頼んでだんなくんに持ってきてもらった。

その時の返事。
だんなくん「電源につないでティファールでお湯沸かしたら
早いし、量あるやん。」

そうやけどさぁ、味気ないやん。
とは言いつつも持ってきた。(笑)結局使わなかったけどね。

2回沸かしてくれました。

ponを呼びに行くと
「今度来た時、上にあがれるかも。」

おぉ、そうか。自信がでてきたのね。

ご飯食べてたら、
pon「お母さんたち、1時まで?」
午前券だったのでそうだよ。
子供は午前券というものはなく、自動的に一日券だった。

pon「上に行ってみたい。」

わぁ、そうなの?よかったよかった。

みんなで行こう。

え?もうパーカーとジーンズ、長靴に変身してた私。
ponがやる気になったので、再度ブーツ履く。
もう気分はカメラマンだったんだけど。
十分堪能してたので・・・・。

その時、12時。
「あと一回かなぁ?」って言ってたら
pon「楽しくってもう一回行きたくなったら?」

あら〜、ヤル気満々になってきました。

しかし母は、もう下りてくる時足が笑い出したので一回でギブ。
車に戻ってると、あとの3人はもう一回行ってました。

tanは「1人で行ってもいいのかなぁ?」
いや、君・・・・。
めちゃくちゃうまくなったけど、たまにこけた時立たれへん時あるやん。
まだ2日目やし。スキー板はいて。

でも滑りたいので、キッズウェイで上がって来て下りてすぐ上がって。
何回もしてました。

ここでキャラクター発見。
20170305224758704.jpg

もう1人?キャラクターがいて、リフトの上から見つけた私とtan。
手を振ったら、気付いて振り返してくれました。
そして下の方でも見つけたんですよ。
そしたら、あっちも「あ!」て気付いてあちらから手を振ってくれた。
緑色のパーカーで滑ってるのは私だけやったので、わかったのでしょう。
ちょこちょこ暑くてトレーナー姿になってる人いたけど、緑色星人は
私だけやった。(笑)

その時、タブレットだんなくんに渡してたんだよね。
残念。tanが一緒に撮りたかったようでした。

何事も火がつくのがなかなかだけど、ついたらなかなか消えないpon。
tanが帰って来ても、まだ戻らない。
様子を見に行くと、板をかかえてあちらの方へ歩くpon発見。
車はこっちよ〜と慌てて声かけに行ったら、ファミリーゲレンデでは
少ししか滑れないから(キッズウェイではそんなに高くあがらない)
もっと高いところへ歩いて持って上がって、滑っていたようです。

楽しんでもらえてよかったです。

だけど、ここは来週でおしまいなんだって。
暖かくなってきたもんねぇ。

長文になりました。(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

mu.kimidori

Author:mu.kimidori
O型ばかりの5人家族。
だんなくん、私、an(高2)、
pon(小5)、tan(小3)の
にぎやかな毎日です。

参加しています
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
現在閲覧者
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。